作成者別アーカイブ: 崎山酒造廠

松藤 プレミアムブレンド 30度 一升瓶

3103

2016全国酒類コンクール泡盛部門 第一位特賞!!最高賞受賞!!

明治38年、首里で創業以来守られてきた伝統の技によって生み出された琉球泡盛『松藤』。
恩納岳山清水100%仕込みのまろやかな甘み。長期仕込みの深いコク。プレミアムブレンドは、熟成年のことなる松藤を杜氏のブレンディング技術により、芳香かつ味わい深く仕上げました。

※一升瓶サイズ

 

GABAもろみ酢

7031

〔必須アミノ酸9種類を含む18種類のアミノ酸〕と〔クエン酸〕を含む「もろみ酢」に、ストレス緩和が期待
できる「GABA」を加えた【機能性表示食品】です。

「もろみ酢」は、琉球泡盛の製造過程で出る蒸留粕を搾って得られるやわらかな酸味の清涼飲料水
で、“酢”と言っても、お酢の主成分が酢酸であるのに対し、「もろみ酢」の酸味は黒麹菌由来の天然
発酵クエン酸が主である点が大きく異なります。
その為、フルーツの酸味に近く、刺激が少なくて飲みやすく、お料理等にも良く合う優れた食材です。

「GABA」は動物や植物の中に広く存在するアミノ酸の一種で、重要な神経伝達物質のひとつです。
「GABA」には事務的作業に伴う一時的な精神的ストレスを緩和する機能があることが報告されてお
り、本品にはストレス緩和が期待できる【28mgのGABA】が含まれております。

「もろみ酢」と「GABA」のコラボレーションで、これまでに例のない高品質な健康飲料が誕生しました!!

沖縄シークヮーサースパークリングリキュール 12度 500ml

847

崎山酒造廠こだわりの三日麹と、軟水の山清水で仕込まれた泡盛「松藤」をベースに、「沖縄県産シークヮーサー果汁」をブレンドした、味わい深くそれでいて爽快なスパークリングリキュールに仕上がっております。
シークヮーサーの爽やかな酸味と、松藤のコクが絶妙にマッチしたこれまでにない美味さのスパークリングリキュールを是非ご堪能ください。

※本品は炭酸入リキュールですので、開栓には注意してください。
※果汁由来の成分・果肉が沈殿することが
ありますが、品質に影響ありません。
※高温下での保管は避けてください。
※容器に衝撃を与えないようにご注意ください。

琉球もろみ酢 パイナップルもろみ酢

pine

「パイナップルもろみ酢」は、クエン酸やアミノ酸が豊富に含んでいるもろみ酢とパイナップル果汁、シークヮーサー果汁をブレンドした商品です。

もろみ酢はこれまで健康食品として中高年層を中心に飲まれてきましたが、パイナップルやシークヮーサーなど女性好みののみやすい風味に仕上げ、「体の中からきれいになる」をテーマとした商品です。

もろみ酢本来のコクある旨味と、パイナップル&シークヮーサー果汁のさわやかな酸味がマッチした、美味しくてカラダにいい沖縄スーパーフード協会推奨の「沖縄スーパーフード」です。

※沖縄スーパーフードとは沖縄スーパーフード協会が推奨する沖縄の食材です。

ヌチグスイ-命薬-

沖縄には昔から「ヌチグスイ(命薬)」という言葉があります。
薬になるくらい美味しい食事をいただいたとき、
青い空や海、美しい花々を見たとき、
心身共に癒しを感じる場面で感謝の気持ちを込めて
「ヌチグスイになりました」と言うのです。

沖縄では「ヌチグスイ」となる食文化が伝承されており、
地域の豊かな旬の食材を体調や症状に合わせて
日々の食事に取入れ、健康を維持して来ました。
私たちの身近には昔から
スーパーフードと呼ぶにふさわしい食材があったのです。
沖縄スーパーフードはみなさまの
「ヌチグスイ」でありたいと考えています。


海の恵

琉球列島はサンゴ礁の島々です。サンゴ礁が防波堤となり。波が穏やかとなる事から様々な生物が集まる海となり、海藻の養殖に適した環境となっています。
また、大陸からの川や海流によって堆積した土壌や、太古の珊瑚からなる琉球石灰岩の風化などでできたミネラル分たっぷりの土壌で育てられた沖縄の農産物はミネラル分とカルシウムが豊富だと言われています。


太陽の恵

沖縄の亜熱帯の気候で育つ農作物には、色鮮やかなものが多く見られます。このような植物の色素は強い紫外線を吸収しないよう、身を守るために生み出された成分で、抗酸化力があると言われています。
沖縄の野菜や果物には抗酸化作用があると言われるビタミンCを始め、カリウム、マグネシウム、葉酸が多く含まれることがわかっています。


発酵の力

高温多湿な沖縄の気候では植物はすぐに腐ってしまい、そのままでは保存することができませんでした。長い期間保存する為に生み出された技が発酵です。
一年中暖かくて湿度が高い沖縄は、微生物にとって喜ばしい環境であり、様々な麹菌での発酵食品が生まれました。


伝統の力

沖縄では古くから食は「クムイスン(薬)」とされ、日常的に野菜や海草、豆腐などを多く摂ることが定着していました。沖縄の伝統的な料理はカツオ節をはじめ、出汁の旨味を上手に使ったナトリウム量が少ない調理が特徴です。
抗酸化物質を多く含む沖縄料理をふんだんに使い、出汁や発酵食品の旨味で調味をする沖縄の伝統食は健康食そのものでした。ある種の栄養素が高いからといって一種類の食材だけを食べるという考えはここにはありません。食事は組み合わせてこそクムイスンなのです。