製造日誌

早朝からの・・・

今日は、蒸し日。

泡盛造りの最初の日であり、最も重要な工程のひとつ。

お米をきれいに洗って、余分な水気をきって、蒸気をいれて・・・

と、その前に。。

 

まずは、米入れ!!

米入れとは、蒸しがある日の早朝、一体30Kg(それを33体、約1トン)の袋を人力で持ち上げ、お米をこぼさないようドラムの中に入れる作業。

DSC_0523

 

DSC_0525

 

DSC_0524

 

DSC_0529

 

 

1トンあるお米を全て入れ終えたら、

さぁ~、洗米スタート!!

IMG_20140722_081946

 

 

(詳しい蒸しの工程は、こちらを参照に。)。。

米蒸し回転式ドラム

 

道具・機器紹介シリーズ第6弾!
今日は「米蒸し回転式ドラム」を紹介します!

泡盛製造工程で最初に行うのが、「蒸し」。
蒸しでは米蒸し回転式ドラムを使用します!

ドラムというのがこちら↓

2015-08-08-18-30-14_photo1

 

横にあるスイッチで回すことが可能!
2015-08-08-18-27-49_photo1

 

中はこのようになっていて、
2015-08-08-17-36-03_photo  2015-08-08-17-30-38_photo1

上にある管からは、水がシャワーのように出るようになっており、
この水でお米を洗う(=洗米)ことが出来ます。

真ん中の管からは蒸気と風(送風)を送ることが出来ます。
洗ったお米の要らない水分を切るために風をおこしたり、
お米を蒸すために蒸気を使用したり、
蒸したお米を麹菌の育ちやすい温度にするために風で冷やしたりします。

この一台で、泡盛の蒸しは完璧!
いつも綺麗にタイ米を蒸してくれてありがとう!

 

本日の作業。

KIMG1273台風6号が沖縄地方を過ぎ去って、はや一週間。。

そろそろジメジメする梅雨に突入~!

・・・・かと思いきや、沖縄地方は晴天続き!!

平年だと、もう梅雨入りしてる時期なのに・・

———————————————————————–

お天気の話はさて置き、

本日の作業は 蒸し。

キレイに洗ったお米を回転式ドラムで蒸していきます。

2015-05-17-12-31-53_photo

 

 

 

 

 

2015年 初蒸し。

 

DSC_0063

2015年 最初の蒸し。

新しい年を迎え、今年初めての蒸しは、自然と気持ちが高揚し心が踊ります。

年末年始を挟んだ、ほんの数週間ぶりだけど、お米を蒸す香りがとても久しく懐かしい感じがします。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

コスモス祭りから一週間。。

コスモスで覆いつくされていた田んぼが・・・・

KIMG1599

来年も満開のコスモスを楽しみにしています \ (^o^) /

 

蒸す④

浸漬が終わるといよいよ「蒸し」にはいります!

余分な水分も切りながら時間とあとは目視で蒸していきますよ!

造りでは何でも目で見て確認するのが大切です(^-^)2

蒸す③

IMG_0079

しっかり洗米した後「浸漬」にはいります。米全体浸かるように水をはります。

始めに原料米の水分を測定し、米の水分量を見て浸漬時間を調整します。

蒸し番外編(米のとぎ汁)

IMG_0072
IMG_0002
洗米後の米のとぎ汁はとても栄養分が豊富でうちではそれを利用しEM発酵液を作っていますよ~!

それをただで配っているので、地元の方はもちろん他の地域の方がきて、ペットボトルなどに入れ持ち帰っています。

皆さん自家菜園や家の掃除などに使っているそうでありがとうととても喜ばれて帰られます^^