製造日誌

ぷちぷち醪

 

先週書いた製麹(せいぎく)の後は、
仕込み!

仕込みタンクの中に水、酵母、そして育てた麹を入れます。
ぷちぷち、ぽこぽこっと発酵が始まります!

今回は特別にその様子を。

音がぷちぷち!
今回も発酵順調!元気に育とうね~!!!

 

そだつ麹

 

平日のいつもの光景。
ドラムでの米蒸し、種付けが終わり、
次の日には三角棚に移し製麹(せいぎく・麹造り)
が始まります。

だんだんと白色が灰色(黒麹菌が育ってきた証拠)と変わっていきます。
色と共に香りの変化もあります。
だんだんと育つにつれて、
崎山酒造廠では麹からキノコの様な香りがしてきます(´゚д゚`)!

 

っは!また写真では伝わりずらいことを…!
もし、もし本当にキノコの香りがするの!?
と気になった方いらっしゃいましたら、
蔵見学オススメします!良ければ是非!!
お待ちしております(^o^)!

 

もくもく蒸し

 

今日日曜日は、蒸しの日!
お米をドラムで蒸しています…

もくもくと出てくる蒸気。
蒸気と一緒にお米の香りがしてきます。
写真ではこの香りが伝わらないのが残念です(T ^ T)

この香りを嗅ぎたい方!
崎山酒造廠では、工場見学を行なっています!
お待ちしております(((o(*゚▽゚*)o)))!

 

えっ!?もう3月・・・・。

こんにちは!

「1月は、行く。」

「2月は、逃げる。」

「3月は、去る。」

という表現がありますが・・・・

その言葉通り、その表現とおりですよね!?

あれよ、あれよ という間に、今週木曜日から3月に突入!!

 

 

 

って全く関係ないお話でしたが、今日は久しぶりに「もろみの様子。」

 

101酵母と黒糖酵母。

 

本当に、それぞれ違う『表情』ですよね♪

 

 

↓101酵母

↓黒糖酵母

 

 

 

 

 

もくもく

もくもく…

 

もくもくと

空の雲のように出ているもの…

それは!今日が米蒸しの日だから!!!
(米を蒸した時に出る蒸気を上に逃がしています)

本日米蒸し真っ最中!
明日は三角棚への引き込み!
今日もあと少し!明日も頑張って麹育てます!!!

 

ーーーーーーーーーーーーーー

土日も工場見学出来ます!
是非是非お立ち寄り下さい(*´∀`*)!!!

 

えっ!?何月だっけ・・・

徐々に寒くなってきている沖縄。。

だけど、日中はまだ寒かったり暑かったりの繰り返し。。

今日なんて、半袖半ズボンの方が過ごしやすいくらいの快晴!!

 

こんな天気での米入れは大変、大変(-_-;)

これくらいの米が入った袋を

↓   ↓   ↓

入れやすいように準備して

↓   ↓   ↓

1つ30kgある米袋を一つずつ

↓   ↓   ↓

こうして

↓   ↓   ↓

繰り返し入れ続けること30数回・・・

↓   ↓   ↓

はい!!

完成!!

 

この作業をもういっかい!!!!!

 

2つあるドラムに米入れ終える頃には

「えっ!?今何月だっけ・・・」って考えてしまうほどの

アセ・あせ・汗・・・。

 

沖縄に本格的な冬が来るのはまだまだ先のようです(*;*)

ブーゲンビリア

最近、朝・晩とも徐々に寒くなり

日が暮れるのも早くなり

やっと沖縄にも冬の気配が感じられる季節になってきました♪

この時期の崎山酒造廠の名物といえば、、、、

 

「ブーゲンビリア」

昼間も良いけど、夜のブーゲンビリアも綺麗ですね♪

 

この時期は、暑い日であったり寒い日であったり、日々の寒暖差があるので、

『麹造り』には細心の注意を払わなければなりません。

その日の気温や湿度を念頭に置きながら、麹の状態を常に確認しなければならないので、

この時期の麹造りは、とても手間がかかり大変です。

ですが、私達、コウジサァー(麹を造る人)にとっては、麹造り・泡盛造りの

魅力・醍醐味であったり楽しさ・奥深さを再認識できる、いい機会でもあります。

 

蒸すとこんな感じ

 
今日は日曜日!
そして蒸しの日!

泡盛造りの最初の工程、
米蒸しの日です。

泡盛では、タイ米(インディカ米)を原料として使用します。

蒸す前のタイ米はこんな感じ↓

家で食べる米(ジャポニカ米)とは違って
細長いのが特徴です。

このお米を蒸気で蒸すとこうなります↓

透明ではなく少し乳白色になります。

蒸す前(左)と蒸した後(右)↓

分かりづらいかもですが、蒸すとふっくらとします!

この米蒸しをしっかり出来るかどうかで
黒麹菌の力を十分引き出せるか決まってきます…!

今日の蒸しもしっかりとしていきます!
頑張るぞ~~~~!

 

--------------------

崎山酒造廠では、
土日の見学も行っています!
是非是非お立ち寄りください!!!
泡盛試飲出来ます!

工場見学案内→http://sakiyamashuzo.jp/about-sakiyamasyuzo/factory-tour/

 

 

道具の答え

 

先日アップした道具(→コチラからみれます)…
の答え合わせです!

 

この道具は!

出来上がった麹を仕込みタンクに移動するときの作業
「出麹」!

 

搬送機へ麹を運ぶために使用しています!

予想は当たりましたか?
すぐ見て分かった方は、相当な泡盛好きです!

次回はこの形に似てはいますが…な道具も紹介しますね!

 

頑張ります!

 

最近、 「暑いですね~!」が、挨拶になるくらい

本当に暑いですね( ̄0 ̄;)!!

その日中の暑さは、『熱さ』に変わって泡盛造りの現場の室内まで入ってきてます・・・。

普段は、こんな感じの三角棚付近が・・・・・・

こんな感じになり、

 

麹の温度をだいたい34~35度くらいに設定している為、

三角棚付近は、麹による熱やら外から流れ込む熱い風やら天井に射す太陽の熱やら・・・

その時の室内温度は

作業を行う時ににつけている扇風機からくる風は、もちろん熱風。。

 

確かに、本当に暑くて、熱い・・・・。

だけど、そんな状況下でも

汗水をたらして 時間をかけ、心を込め しっかり麹を育てていかないと

『松藤』独特の深くて旨みとコクのある泡盛が造りだせないんですよ。

 

『うまい酒造りこれからも・・・』をモットーに

これからも暑さ・熱さに負けず・・・・

 

が・ん・ば・り・ま・す!!!!!!